2021年度助成事業(認定NPO法人しみん基金・こうべ)
《2021年8月31日まで》

1.助成事業の趣旨

認定NPO法人しみん基金・こうべ(以下、当基金)は、阪神・淡路大震災で体感した支え合い、助け合いのすばらしさを大切にし、地域に根ざし、次世代を担う若者と手を携えながら、草の根の活動を広げることをモットーにしていきます。草の根活動とは、すなわち市民社会をつくる活動です。市民社会は、公共を、行政に頼るだけでなく、自律かつ自立した市民一人一人による自助と共助・互助で成していく社会であると考えています。

■おたがいさま基金をめざして
共助・互助を社会化させる仕組みとして、当基金では助成を受けた団体が、次の助成原資をつくるために当基金へ協力する(古着チャリティ、学術書チャリティ、Tポイントキフ、お買い物でキフでの購入などによる寄付)恩送り形式を作りたいと考えています。(下記の図参照) 市民活動団体同志が資金的に助け合う、こうした「おたがいさま」の精神を当基金の助成事業の根本理念として根づくべく、みなさまとの協働作業のお手伝いをいたします。

2.応募対象者

●阪神淡路大震災時被災10市10町及びその周辺に活動拠点または事務所を有する非営利組織(法人格の有無は問いません)
●自主性を確保し、自律的に運営されている団体
●団体としての継続性を有し、支給された助成金の管理及び事業を遂行する能力及び体制を備えた団体
●正味財産が2,000万円以下の団体

3.助成金額

2021年度助成事業は、助成総額 250万円を予定しています。

助成の区分

一般枠 特定枠
助成対象分野 活動分野に限定はありません。 大規模災害で被災した人々を支援するボランティア活動に限定します。
助成限度額等 1事業について事業費総額の4分の3以内かつ、金50万円を上限とします。(ただし1000円単位)
なお、一般枠の助成総額は200万円までとしています。
1事業について事業費総額の4分の3以内かつ、金25万円を上限とします。(ただし1000円単位)
なお、特定枠の助成総額は50万円までとしています。
審査選定方法 書類審査を経て、ヒアリング調査を行い、公開審査会によるプレゼンテーションにて選定します。(コロナ感染拡大状況により変更することがあります。)

4.助成事業の内容

I.2021年度基本方針
A次代の市民活動の担い手育成を重視する。
B地域で他団体・組織との連携の観点を重視する。
上記ABの一方、もしくは両方をふまえた申請内容にしてください。

II.助成対象期間
2021年10月1日から2022年9月30日までの1年間における事業を対象とします。

III. 選考優先事項
助成先選考にあたっては、上記基本方針をふまえ、かつ市民社会の確立・存続にふさわしい草の根性、開拓性・先駆性、団体としての継続性があると考えられるものを、優先します。

IV.助成対象経費
給料・手当(人件費)、福利厚生費、会議費、旅費交通費、通信運搬費、物品購入費、消耗什器備品費、消耗品費(事務用品費)、修繕工事費、印刷製本費、燃料費、光熱水費、地代家賃(賃借料)、保険料、諸謝金(謝礼金) ※交際費は対象外です。

▶詳細は、ホームページをご覧ください。